イベント情報・お知らせイベント情報・お知らせ

開催レポート

2020年08月04日

理念策定塾初日開催レポート

みなさん、こんにちは。

「税理士を超えた経営のパートナー」、SS総合会計の広報白土です。

 

7/16に全4回の初回である理念策定塾を取材してきました。

 

********************

まだ理念策定塾をご存知ない方はコチラをご覧ください!

*******************

 

皆様のリスクをできる限りなくすために

遠方の方にはオンラインの他、

リアルでご参加の方々には、アクリル板、ソーシャルディスタンス、マスクの装着、検温、手の消毒などご協力いただきました。

 

 

今回は参加者にとって一番肝心となる「コアコンセプト」を見つける回。

コアコンセプトは弊社代表の鈴木もコラムでも取り上げているように、

自身の感情が強く動いた過去の原体験「ディープインパクト」を取り上げ、共通項を探ることで見出されます。

経営者自身が腑に落ちるコアコンセプトがわかることで、理解する前よりも経営にまつわる難しい判断基準が明確になってくる
という利点があります。
ただコアコンセプトを出すことは感情にとらわれず自分を客観視することが必要なため、
自分一人で見つけることはとても難しいのです。

そこで登場するのが、才能心理学協会代表で、才能プロファイラー/才能開発コンサルタントである北端先生!

 

さて、実際に行われたプロファイルは、どうなったのでしょうか。
合計7社の経営者の方々が参加された今回ですが、
それぞれの方の大切にしている価値観が明るみになる瞬間は、ご本人の表情が「ハッ」とされるのが取材をしている私にも伝わり、実際にトップバッターの方曰く「丸裸にされた!!!」と言わしめるほど、腹落ちするコンセプトが浮かびがっていました。

もちろん過去を深堀していくわけですから、プロファイリングの最中は決して心地よい感情をとりあげるだけではないのです。

写真の様子でもわかるように「もやもやした状態」になることもあります。

 

この時、しっくりこないことが多い原因としてはノイズ感情の多さが挙げられます。ノイズ感情とは、あなたの才能開花や幸せを阻む感情」のことで、過去の「辛さ」「苦しみ」を伴った体験を回避するために出てくる感情のこと。

特にその感情に惑わされると、根底に本人が大事にしている価値観にたどり着けないこともあるため、余計にその部分をかいくぐった質問を投げられるプロファイラーが重要になってくるのです。

 

ここで出てきたコアコンセプトを元に、経営理念を策定していきますが、

このコンセプトを知ると、経営だけでなく、会社でのコミュニケーション、引いては普段の生活の無意識での選択基準が自分で再確認できることはとても魅力的ではないでしょうか?

 

ある意味経営を含めた人生の舵取りがしやすくなるのも言えるこの理念策定塾。

 

今後も開催していきますので、是非次の機会をお待ちください!

\Amazonランキング1位獲得/

代表著書プレゼント+無料セミナーご招待