スタッフ紹介スタッフ紹介

共に働くスタッフを
ご紹介します

財務アドバイザー

廣海 遼RYO HIROUMI

お客様へメッセージ

入所してから仕事を通じて自分自身も成長し、「経営のパートナー」でいることの大切さ、難しさなどを経験してきました。
その中で、常に大切にしているのは、自分たちの知っている知識を一方的に押し付けずに、丁寧に聞くこと。
SS総合会計で顧問させていただいているお客様たちと共に成長していきたいと考えております。

INTERVIEW

Qどういう思いを持って仕事をしていますか?

常にお客様の良きパートナーとして、経営の悩み、課題を一緒に考えることを大切にしています。
もともと、私は都内で飲食店向けに広告の営業をする仕事をしておりました。
当時は若く、知識も浅いこともあり、お客様から相談を受けたとしてもきちんと提案できておらず歯がゆさを感じていました。
ある日、いつものように営業でお客様のところに行った時に、提案後「会計事務所に相談してみて決めるよ」と色々打ち合わせている資料を見せてもらいました。
当時の自分は、売上や原価、利益などの基本的な会社の仕組みもピンときておらず、中身を見てもいまいち理解はできませんでしたが、会計事務所という仕事はお客さんの良きパートナーなんだなという印象を強く受けました。
転職を期に地元である浜松に戻ってきた時に、その思いが強く頭にあったため、業界は全く違いますが、チャレンジしてみたという気持ちでこの会社に入社することとなりました。
第一印象は、やはり会計事務所の人はお客さんからも頼りにされて色々な相談をされているなというもので、わからないながらもこの仕事で頑張っていきたいと思うようになりました。
それから約10年間、仕事を通じて自分自身も成長し、「経営のパートナー」でいることの大切さ、難しさなどを経験してきました。
その中で、常に大切にしているのは、自分たちの知っている知識を一方的に押し付けずに、丁寧に聞くことです。中小企業の課題は複雑で、時にご自分でも気づいていない時もあります。そんな時は、お客様の話をよく聞き、理解した上で気づきになるようなことをアドバイスするように心がけています。
この仕事の一番のやりがいは、お客さんの表情が明るくやる気に満ちた顔に変えられることだと思います。会議を始めるときは、悩んでいたり表情が暗かったりすることもあるのですが、会議が終わり方向性や行動計画が明確になった時の嬉しそうな顔をみているとこちらも元気をいただきます。
そして、これから先は、更に自身の能力に磨きを掛けて、中小企業の抱える課題を一緒に考えて解決していく力をつけていきたいと思います。
そして、SS総合会計で顧問させていただいているお客様たちと共に成長していきたいと考えております。

Qあなたのキャリアビジョンは何ですか?

自分自身、代表の鈴木によって自身の仕事である、税務、経営について常に中小企業の「パートナー」でいることの重要性に気づかせてもらいました。
現代のように、不確実な状況下であればあるほど、一緒に考えその会社の未来について語れる人間が必要であると思います。
自分自身が、そういう人間になることはもちろんですが、これから入ってくる社員やスタッフさんにも自分たちの姿勢や、知識などをリーダーシップを発揮して伝えていけるようになりたいと考えています。

\Amazonランキング1位獲得/

代表著書プレゼント+無料セミナーご招待